手続きをするなら早めに|自己破産するなら費用もチェックしておこう

家族

適正な手続きを

東京で相続問題に悩んだら弁護士人所や司法書士事務所などに相談を行うようにしましょう。相続には支払う税金のリミットがあるので、早い解決が一番の負担削減です。無料相談も受け付けている事務所が多いので、今の現状の悩みをまずは話してみましょう。

弁護士と司法書士の違い

弁護士

まずは相談

自己破産は弁護士や司法書士に依頼すると、債権者との交渉や裁判所に対しての申し立て、必要書類の作成などをしてもらうことができます。弁護士には裁判所への出廷など自己破産に必要となる全ての事を任せられるのに対して、司法書士に依頼できるのは主に必要書類の作成になります。その為司法書士に依頼すると裁判所への出廷などは自分でしなくてはいけなくなります。業務内容が違う為弁護士と司法書士では費用に差がでます。弁護士の場合にはおおよそ20〜40万円、司法書士の場合には15〜30万円の報酬金が必要になりますが、こういった報酬金は事務所によっても違いがあります。その他に自己破産するには裁判所に収入印紙代や予納金などの費用を支払う必要があります。自己破産する時にお金に換える事が出来る財産が残っている時には、その財産を処分して債権者に返済しなくてはいけなくなります。財産がある場合は管財事件となり予納金が50万円以上になります。しかし財産が残っていても弁護士が申し立てを行えば少額管財事件として扱われ、予納金を減らすことが出来る他自己破産の手続き自体も迅速化することができます。自己破産手続きを依頼する場合には、報酬金以外にもこういった事も考慮した方が良いでしょう。自己破産をしたいが費用がないので困っているという時には、費用を立て替えてくれる協会を利用する方法もあります。また弁護士や司法書士の事務所でも費用の分割払いなどを受け付けているところもあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

相談

強みと信頼性で判断

行政書士が担当できる書類の数は数千種類にも及ぶとされ、たいへん幅広い業務に関わることができます。そして、多くの行政書士が活躍する東京では、得意分野を持った事務所が多数見られます。したがって、行政書士を選ぶ際には、あなたが求めるサービスを実現できるとともに、信頼できる事務所に依頼しましょう。

電卓を持つ人

業務に集中できます

飲食店経営の方で帳簿づけや確定申告で悩んでいる方は税理士に相談しましょう。名古屋の税理士に相談すれば格安料金で帳簿付け作業や確定申告を行ってくれます。また名古屋の税理士は金融機関や企業間の仲介業務にも積極的なので、契約しておけば取引の際に強い味方となってくれます。